忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/09/19 20:33 |
遠方でもオンライン申請で郵送受領が可能です。相続のご相談なら大阪司法書士佐々木毅まで
自筆証書遺言より公正証書遺言をすすめるわけ
相続登記のご相談が続いています。ありがたいことです。

多くの場合は遺言書を作っていないので、遺産分割協議をしてもらい書類に署名捺印を頂いてから登記申請をしていきます。

遺言書があった場合は、遺産分割協議をせずに遺言書上で譲り受けた方から依頼を受けて登記申請が可能です。

この遺言書ですが、公正証書遺言の場合と、自筆証書遺言の場合で手続きが大きく異なります。自筆証書遺言の場合は登記申請の前に家庭裁判所で遺言書の検認手続きが必要となります。

 

検認手続きは遺言書だけ持って行っても受け付けてもらえず、まずは戸籍等必要書類と申立書を家庭裁判所提出して、後日定められた期日に遺言書を持っていき開封・検認をしてもらいます。書類をそろえたり、期日の連絡をしたりで、1か月程度かかってしまいます。

また、遺言書検認は期日の連絡が相続人全員に通知されます。

公正証書遺言であればこのような検認手続きは不要で、遺言書と死亡記載のある戸籍があれば登記申請は可能となります。

もちろん作成するときには自筆証書遺言だと費用もかからずに誰にも知られずに簡単に作成できますが、死亡後の手続きの事を考えると、やっぱり公正証書遺言の方がおすすめです。遠方でもオンライン申請で郵送受領が可能ですので本当に便利です。たくさん不動産をお持ちの方もまとめてお受けしていますので是非ご利用ください。

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 
PR



2013/10/11 23:09 | Comments(0) | 佐々木毅司法書士事務所

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<新年のご挨拶 2014年1月1日 元旦 | HOME | 相続登記申請ラッシュ 寝屋川市・交野市・枚方市司法書士ならJR学研都市線鴻池新田駅の司法書士佐々木毅まで>>
忍者ブログ[PR]